診療メニュー

痛みを取る手技治療

DSC_0120

患者さまの姿勢を分析し、カラダの歪み・筋肉のバランスを考えて、痛み改善の為の施術を行います。

日本初上陸‼SHOCKMASTER

DSC_0071

日本で認められた唯一の拡散型ショックウェーブ(圧力波)

全身の筋・腱の治療に有効です‼

ショックマスターによる圧力波療法は外科的手術が必要とされた患者さまへのもう一つの新しい選択肢となっています。

ハイボルテージ療法

DSC_0198

ハイボルテージ療法は、高電圧電流を駆使した電流刺激で皮膚に抵抗を加えることなく深い箇所の組織まで伝達させます。今までの電気治療法と比較して、身体の奥深い患部へのダイレクトな接近が可能なので、かなり高い鎮痛効果と即効性が期待できます。特に筋肉の炎症、怪我による重度の腫れの初期症状の痛みにハイボルテージ療法で施術することによって、更に短い期間で痛みと炎症を和らげる治療をできるようにしました。こうしたことから、痛みがある患部への治療と痛みの元への治療がまとめて実施できるようになって、痛みを早い段階で取り去り、痛みを拡大させない治療が可能です。

オステオトロン(骨折治療器)

DSC_0082

オステオトロンは骨折治療器として厚生労働省から認可されています。

骨折部位の骨形成を促進し、骨癒合期間を40%短縮できます。 例えば、通常の骨癒合期間が50日の場合、40%の20日を短縮し30日(1か月)で骨癒合の方向に導くことが出来ます。従来の骨折治療では、ギプス等で固定した後は自然経過に任せるのみでした。この超音波骨折治療法を行うことによって、固定後でも積極的に骨の癒合が促進できるようになりました。 超音波骨折治療法は多くの臨床例から効果が確認され、骨が癒合するまでの期間を約40%も短縮でき、骨折治癒が予想できる期間を過ぎても治癒ができていない等の治りにくい骨折の発生率を低下させる効果もあるとされています。

超音波治療

DSC_0203

超音波とは、人間には聞こえないほどの細かい周波数で振動する音波のことです。

超音波治療は、この超音波の音と振動エネルギー作用を利用して、1秒間に100万回もしくは300万回のミクロマッサージと呼ばれる「非常に高速で細かい振動」を、手技では届かない体の深部まで到達させ、筋肉や関節などのこわばりを和らげます。痛覚を刺激することなく筋肉を細胞レベルまでほぐすので、再生組織の活性が促され痣や骨折なども治りやすくなります。

受傷後すぐに使用できるため、ケガの絶えないプロスポーツチーム・スポーツクラブなどで多く採用されている治療法です。

お問い合わせはこちら

営業時間9:30〜22:00 定休日:日曜